セクストーション解決相談

セクストーション性的脅迫被害に遭ったらスグ相談!セクストーション解決センター大阪 京都 兵庫 奈良 滋賀 和歌山 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 全国

セクストーション解決センター
℡0120-007-808

ジムやフィットネスクラブでのトラブル

ジムやフィットネスクラブでのトラブル

ジムやフィットネスクラブにおいても性同一性障害のトラブルが起こっています。更衣室やシャワールーム、トイレなどの利用をめぐっての問題があり、利用者にも不安を感じている方が増えています。性的な嫌がらせでお困りの方はご相談下さい。無料相談はしていません。

 

性同一性障害のフィットネス会員提訴

心も体も女性として生活する京都市の40代経営者が、フィットネスクラブから戸籍上の性別である男性としての利用を求められ人格権を侵害されたことが問題になっているようです。

運営元のコナ〇スポーツクラブに472万円の賠償を求めて先月25日、京都地裁に提訴しています。

会見した経営者は未成年の子や妻がいるのだとか。性同一性障害特例法の規定により戸籍の性別変更ができない事情を説明しました。

「人格を全否定された気持ちで、私たちのような人に幸せになる権利はないのか」と訴えたようです。スポーツクラブ側は「訴状の内容を確認し次第、適切に対処したい」としています。

訴えによると、経営者は2009年に京都府内のスポーツクラブに男性として入会しています。2012年に性同一性障害と診断され、昨年3月に女性への性別適合手術を受けました。スポーツクラブ側に女性用の更衣室やトイレの利用を求めましたが断られたそうです。戸籍上の性別での利用に同意を求められたといいます。

 

性の不一致と人権問題 第三者の二次的トラブル

性の問題が、第三者を巻き込むことがあります。どこやらの役所でも同じような件がありました。トイレの共有に抵抗がある女性からの非難があったようです。

この問題、これからもいろいろとでてきそうですね。

 

セクストーション解決 相談依頼

セクストーション解決 相談 有料相談 無料でのご相談はお受けしておりません。